最難関の医学部合格するには|夢を掴むために

効率的に学習するために

勉強

良い学習は繰り返しが大切

大学入試を控えた多くの受験生たちの中には、どうすれば入試に向けて効率的で、且つ効果的な学習が出来るのだろうかと悩む方も多く居ることは言うまでもありません。センター試験等を始めとする多くの試験の日は、思った以上にあっという間に迫ってきます。事前に何度か受験する模試やプレテストで一喜一憂、次は頑張ろうと意気込んだかと思えば、その次が本番だったりする事もよくあります。では、どのようにして試験に備えれば良いのでしょうか。受験生も例外なく、最後まで部活動や行事に打ち込みたい方が大半です。部活や行事で忙しい中、どのような学習をすれば、大学入試に自信をもって臨む事が出来るのかは、勉強の仕方にあります。極端な話、勉強の仕方さえ間違えなければ、勉強時間を気にする必要はありません。受験生だけでなく、勉強をする人の多くが気にしてしまいがちですが、例えば、周りの人が5時間勉強していて自分は2時間だとしても、勉強の仕方が正しければ焦る必要は無いのです。さて、肝心な勉強の仕方ですが、肝は繰り返す事です。大学入試を控えた受験生は、概して小学生のように記憶力が抜群に良い訳ではなく、また物事を記憶するにはある程度それを理解する必要があります。丸暗記は非常に難しくなっているのです。例えば英単語を挙げてみます。大学入試を乗り越えるためには(受験する学部等によりますが)一般的には英語が重要で、また英語をものにするには単語力が肝要とされています。先程述べたように、高校三年生にもなると、単なる丸暗記は難しくなってしまいますから、単語のイメージ、あるいは語源などを理解して、何度も記憶することを繰り返す事が大切です。2回や3回では覚えられませんから、5回や6回程度繰り返すのがベストです。理解しながら何度も覚える事で、初めはすぐに忘れてしまっても、やがてしっかりと頭に残るようになります。