最難関の医学部合格するには|夢を掴むために

人と差をつける文章

作文用紙

作文との違い

小論文は、大学入試や就職試験の科目の1つとして課されることが多いものです。数学や英語のように明確な解答があるわけではありません。自分なりの考えを書いて提出するので、その人の性格や考えがはっきりと現れる科目です。だからこそ、採用する側は小論文を科目にして受験生の考えを聞こうとしています。小論文と作文の大きな違いは、単に感想を書けばよいというものではないことです。特に日本の子供は、小学生のうちから作文をよく書きます。例えば読書感想文では、私は本を読んでこう思いましたという感想を書いて提出をすればすれで完了です。しかし、小論文はそうではありません。自分の考えを書くと同時に、そう結論付けるに至った根拠も記述する必要があります。場合によっては、あえて反対意見を触れてそれに対する批判をして自説を説得づけるテクニックなども加えると高得点になります。小論文で特に大切なのは、自分なりの結論を書き出しに書くことです。よく、小論文の最後の部分に結論を書く人もいます。もちろんそれでも良いのですが、書き出しに結論を書いた方が読み手にとって読みやすいと言われています。また、小論文を書くときに書き出しに何を書けば良いのか迷うという人も多くいます。そうであれば、書き出しにいきなり自分の意見をズバっと書いた方が賢明です。あとは、自分の書いた文章を誰かに添削してもらうことも大切です。そうすると、自分では気づかない改善点が見つかります。