最難関の医学部合格するには|夢を掴むために

効率的に学習するために

大学入試では記憶しなければならない事が膨大にあり、多忙な日々の中でいかにしてそれらをものにできるかが、合否を大きく分ける事になります。記憶するためのコツは、理解して覚える事を何度も繰り返す事です。繰り返す回数は、5回程度が適当です。

先生と生徒

考える力を高める方法

じっくりと学べる伊丹市の個別指導教室の授業料は、受講するコマ数と指導内容によって金額が決まるのが一般的です。中学受験コースであれば月額5万円以上のケースが多いですが、自習室も上手に利用することで、お得に学べるでしょう。

作文用紙

人と差をつける文章

小論文で特に難しいのは、自分の結論をどこに書くかという点です。作文では、起承転結という言葉で知られているように、作文の最後に結論を書く場合が多いです。しかし、書き出しに結論を書くことも決して間違いではありません。

大学受験で最難関の学部

男女

理系ではあるが英語は必須

大学受験において最難関とも言われている学部が医学部ですが、医学部に合格するにはそれなりの水準に達した学力が求められます。一般的に理系の学部というイメージが強い医学部ですが、他の理系と大きく異なる事は本来文系科目である英語にもかなりの実力が必要だということになります。もちろん理系科目に関しては数学はもちろんですが、合格するには理科も生物と化学という2科目に特化している必要性があります。数ある医学部の中でもそれなりに入学がしやすいレベルの大学といっても他の学部に比べればかなり難易度は高くなりますし、合格するには通常の学力テストだけでなく多くの大学で小論文や面接といった受験対策も必須の項目となります。もちろん、他の学部が水準が低いという事を言っているのではなく、医学部に合格するには理系の科目だけでなく英語や文章を書く力をはじめ医師という職業に就くのですから、人格的な事も選考の基準となるという事を意識しておかなくてはなりません。従って医学部に合格をする場合には、国公立であればより受験科目が増えますし、事前に対策をしなくてはいけない事が多いので高校3年生になってから受験対策をはじめてもかなり厳しいというのが実際の所になるといえます。一般的にはできるだけ早い段階から医学部の受験に向けて基礎学力を早めに身に付ける事、常にコミュニケーション能力や論文を書く力も養っておくことが必要になります。医学部に合格するには学力だけでなく、総合的に受験対策をしておくことが重要になりますので、しっかりと目標を定めて望む事が大切になります。